自然素材と木構造を得意とした住宅設計事務所(一級建築士事務所)

名古屋 | ジュウニミリ建築設計事務所

豊田市の家 / アプローチ

Date : 2017.08.31

豊田市の家は、旗竿敷地と呼ばれる敷地形状で竿の部分の幅は2m、奥行き約6mです。

このアプローチ部分を上手くデザインできないか?ということで、お施主さんといろいろと検討して、コンクリートの平板を日本的な敷石のパターンをヒントに敷くことにしました。

(綺麗に四角く製材された石材よりぐっとローコストですし、コンクリート平板の表情も面白いのではという事で決まりました)

左官屋により、バサモルタルの上にしっかりと据え付けてられています。

外構も着々と進んでいます。