自然素材と木構造の住宅設計事務所(一級建築士事務所)

ジュウニミリ建築設計事務所 | 名古屋



展覧会/平田晃久展

2018.09.09

愛知淑徳大学で行われた、「平田晃久展 Discovering New」愛知巡回展を見に行きました。


講演会/藤森照信氏

2018.07.14

久しぶりに愛知県瀬戸市にある『愛知県陶磁美術館』へ

谷口吉郎さん設計の美術館で1979年開館、1994年増改築という建築。

今回は藤森照信氏による

「近代建築、タイル、谷口吉郎について」という講演会へ

切妻屋根の重なりとタイルが印象的な、とても気持ちの良いSRC建築です。


講演会/光井純氏

2018.05.18

昨日は、「アイカデザインセミナー2018」
アイカ工業名古屋支店へ
光井 純「”まち”をデザインする時代がやってきた」
を聞きに行ってきた

まちを意識した建築の考え方やデザインの手法が印象的

名古屋にも「プラウドタワー名古屋栄・テラッセ納屋橋」が出来たとのことなので、早々に行ってみよー


講演会/まちづくりセミナー

2018.03.17

株式会社グランドレベルの田中元子氏と大西正紀氏のセミナーへ
非常に楽しそうに元気にお話しされる方だなと感銘


講演会/島田陽氏

2018.02.04

島田陽さんの講演会「住居に想うこと」を聞きに今池のガスビルへ

設計手法などの話もあり、濃厚な時間になりました


講演会/坂茂氏

2017.10.16

東西アス協組建築講演会を聞きに今池へ。

講演者は「紙の建築」で知られる坂茂氏。
被災地支援を継続的に取り組んでいる、稀有な存在の建築家だと思います。

代表的な作品を時系列で見ていくと、「ピクチャーウィンドウ」「紙管」「ガラスシャッター」「コンテナ」「六角形」などの建築的な特徴を駆使されていて面白いです。

使う材料が特徴的な建築家ですが、そのことについて「全く新しいものを発明しているのではなく、既に存在する材料の使い方を変えて使ってみる」と言われていたのが印象的でした。

良い時間となりました。


堀部安嗣展「建築の居場所」

2017.09.07

愛知淑徳大学へ、TOTOギャラリー・間の巡回展、堀部安嗣展「建築の居場所」を見に行ってきました。
模型、写真、図面、スケッチ、映像など、盛りだくさんの展示でした。

堀部氏のつくり出す空間の特徴は、「幾何学をベースとした平面」と「存在感のある屋根による端正な外観」と「静謐で精神性が高いとも言われる内部の美しさ」にあると思います。
現在、住宅を多く手掛けられている建築家の中で、最も注目度の高い建築家の一人だと思います。
そんな方の展覧会は、とても良い刺激となりました。


建築学会賞講演会「作品を語る」

2017.07.06

名古屋市立大学、北千種キャンパスで日本建築学会賞(作品)受賞者記念講演会「作品を語る」がありました。

仕事の切りがつかなくて遅刻かなーと思っていたら、市バス一本で行けてしっかりと間に合ったことにちょっと驚き。。。

登壇者は小堀哲夫氏と三分一博志氏。とても面白かったです。