愛知県名古屋市の住宅設計事務所

予算計画

当然ではありますが、建築に掛かる費用は建物の「本体工事費」だけではありません。では、「どこまでを予算として考えるか?」の認識は人それぞれな面がある為に、予算の話は少しややこしくなります。

(土地代を除いた)建築の総予算は、
① 建物本体工事費 +②外構工事費+③家具代+④設計料+⑤諸経費・雑費
(※上記の他に古屋の解体工事費や土地の造成工事費が必要になる場合も有ります)

⑤の諸経費・雑費として、
– 上下水道加入金及び各種引込み工事
– エアコンやカーテン
– 登記費用
– 不動産取得税などの税金
– ローン費用
– 引越し
– 仮住まい(建て替えの場合に必要)
– 雑費(祭事費や申請手数料など)
– 測量、地盤調査費
– 家具・家電の買い替え費用
– 予備費
など

その為、計画スタート時に予算計画書を作成し、全体の予算を考えて計画することも設計業務の一部となります。

関連ページ
設計料については→FEE