自然素材と木構造の住宅設計事務所(一級建築士事務所)

ジュウニミリ建築設計事務所 | 名古屋

資料請求



ローコスト住宅の罠

ローコスト1のページの続きです。

ローコスト住宅で建てたいと思われているのであれば、知っておいて頂きたい注意点があります。
それは、家の値段の「高い」と「安い」についてです。

基本的に住宅は、自動車や家電などと比べても、とても寿命が長く価格も高いものになります。
どんなに安く建てたとしても、10~15年でガタが来てしまっては困りますし、そうなると維持管理費は高いものになります。

そのため、住宅を低予算で建てる時には、同時に「性能」について考える必要が有ります。
1.耐震→構造の完全性
2.気密・断熱→主に省エネ性能
3.耐火→火災時の安全性
4.劣化→劣化の軽減
5.維持管理・更新→配慮した設計
6.防音→生活音など
7.防犯→泥棒などの犯罪対策
8.バリアフリー→高齢者への配慮

極端に安さを追究していくと、どうしても性能の確保は厳しくなります。
必要な耐震性や省エネ性能などの性能を確保した上で、「高い」のか「安い」のかを考える必要があります。

価格に対しての性能やデザインなど、コストパフォーマンスの高い住宅を目指したいと思います