6つの拘り

6つの拘り

1.施主の想い

建築打合せ

ご要望、ライフスタイル、趣味、夢、こだわりなど、何でもお話し下さい!
対話を重ねることによって、施主ご家族の住まいへの想いを少しづつ理解するところから計画をはじめたいと思います。

2.敷地と地域の特徴

敷地配置

敷地と周辺環境をよく理解して、その敷地によく馴染む、佇まいの良い建物を敷地にそっと置きたいです。

3.自然との距離

明るくて風通しの良い家をご希望されることがとても多いです。夏涼しく、冬暖かい家もよく希望されます。
「光」と「風」を取り入れた、自然・環境と上手くつき合える住まいを目指します。

4.余白

余白

家事動線がしっかりと考えられているなど、住まいが機能的なことはとても大切ですが、一方で全部をつくりこみ過ぎず、どこかに機能の決まっていない余白をつくりたいと考えています。

5.素材

素材

木、土、ガラス、コンクリート、鉄、紙、石、タイル、、、
使う素材と色彩によって住まいの印象は大きく変わります。
特に内装材は手触りの良い、経年変化の美しい自然の素材を出来るだけ使い、健康的な住宅としたいです。

6.デザイン

奇抜なデザインをということではありませんが、やっぱり設計事務所にご依頼を頂くのでこだわりたいです。
楽しさやユーモアも大切にしたいと思います。


タイトルとURLをコピーしました